PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トヨタ生産方式 7つのムダ

トヨタ生産方式のお話です。

トヨタ生産方式では、
原価低減の活動をおこなう上で、7つのムダを定義しています。

1.つくりすぎのムダ
2.手待ちのムダ
3.運搬のムダ
4.加工そのもののムダ
5.在庫のムダ
6.動作のムダ
7.不良をつくるムダ

ものづくりに携わる方であれば、
1度は聞いたことがあるかもしれません。

トヨタ生産方式では、7つのムダの中で、
つくりすぎのムダを最も悪いムダだと位置づけています。

理由は、つくりすぎのムダは、他のムダを隠してしまうからです。

例えば、タクトタイムが10秒で1個、作ればよいところ、
タクトタイム中に2秒の手待ちがあり、
手待ち時間を埋めるために8秒で1個、作ったとします。

その結果、作業者は一生懸命に働き、
予定の計画を20%上回る生産を達成します。

生産ラインの監督者から見ても、
作業者は一生懸命に働き、生産性が上がっているように見えます。
監督者も一生懸命に働く部下の様子に安心しています。

しかし、経営の観点から考えると、
売れる予定がないものを20%多く作ることは、
キャッシュを在庫として眠らせ、企業の収益力が低下することを意味します。

作業者は、10秒かかるモノを
8秒で一生懸命に作り、監督者もその作業を安心して見ていたのに、
何がいけなかったのでしょうか?

これが、作りすぎのムダの怖さです。

一生懸命働き、生産性を上げることと、
企業が収益を上げることとは、同じではありません。

この場合、2秒間の手待ちがあるならば、
作業者は余分なモノは作らず、2秒間の手待ちを行うべきなのです。

そうすることで、手待ちのムダがあることが分かり、
経営に寄与する本当の改善に着手できます。
タクトタイムを超えて余計なモノ作るは、手待ちのムダを隠すことになります。

今、見える化という言葉が流行っていますが、
ムダも、まず、見えるようにすることが大切であり、
トヨタ生産方式では、他のムダを隠す、
つくりすぎのムダを最も悪いムダと考え、JIT生産を行っています。
スポンサーサイト

| ものづくり | 18時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://bcpsupport.blog108.fc2.com/tb.php/70-d96e3ff2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。